シミの基本、紫外線とメラニンの関係について

さわやかな空

紫外線が肌に当たると、さまざまな影響をおよぼすようになります。外出する際は、できるだけ紫外線に当たらないようにする工夫をしなければなりません。

 

また、紫外線にはUVAと呼ばれる紫外線A波と、UVBと呼ばれる紫外線B波があります。UVAが肌におよぼす影響として挙げられるのは、肌を黒化させたり、シワ・たるみを促進させたりすることです。これに対してUVBの場合は、肌に炎症を起こしたり、シミ・ソバカスを生成したりする影響があります。

 

特に注意しなければならないのはUVBの方です。UVBは、奥の方まで達してしまいます。紫外線が肌の表面におよぼす影響は、色素沈着や保湿機能の低下などですが、奥まで達してしまうと更なる影響も出てきます。たとえば、肌が老化するだけでなく、皮膚がんなどの重大な症状を引き起こす可能性が高いのです。また、皮膚が持っている免疫力を抑えることにもつながり、ウイルスによる感染症などのかかりやすくなってしまいます。

 

肌に紫外線が当たることで、メラニン色素という色素が生成されます。メラニン色素が多くなると、シミなどの肌トラブルが起こるようになるため、美白を考える上ではメラニン色素を減らすことが重要です。しかし、メラニン色素が全くない状態というのも、決して好ましいものではありません。メラニン色素には、当たった光を吸収して肌を守る役割も果たしているのです。

 

美白に取り組む場合は、メラニンの生成を抑制して、皮膚中にあるメラニンを排出させることを考えます。メラニンをスムーズに排出させるためには、基礎代謝を改善させていくことが大切なので、美白化粧品を上手に活用しながら基礎代謝の改善に取り組むことが必要です。

 

紫外線を大量に浴びてしまうと、メラニンが過剰に生成されるようになってしまいます。そのため、まずは必要以上に紫外線を浴びないようにすることが求められます。その上で、皮膚のターンオーバーを整えてメラニン排出を促していくのです。

 

シミに対処する際は、普通のシミと肝斑との違いを意識しなければなりません。普通のシミと肝斑とでは、対処の仕方が異なっているのです。普通のシミは、平らで黒っぽいもの、頬・鼻の辺りに多く出てくる数ミリ程度のものなどがあります。これに対して、肝斑は頬骨や額にできることが多いのが特徴で、もやもやとしたシミが広がっていくのです。化粧で隠すことが難しく、見た目の印象は実年齢よりも老けて見えてしまいます。

 

普通のシミは主な原因が紫外線なので、紫外線を防ぐ対策をしたり、美白化粧品を上手に使用したりすることで対処できます。まずは、普通のシミなのか肝斑なのかを正確に把握することが求められます。素人が正確に判断するのは困難なので、専門医による診察を受けることが大切です。

 

肝斑は、紫外線に当たっていなくてもできるのが特徴です。女性ホルモンのバランスが崩れることでできやすいため、30代から40代の女性に目立ちます。肝斑の治療では、普通のシミのようにレーザーを用いることもありますが、飲み薬を服用するのが一般的です。

シミの消しゴムといわれる美白成分、ハイドロキノン

シミのイメージ

ハイドロキノンというのは麦芽やコーヒーなどにも含まれている天然成分の一つで、還元作用があるためゴムの酸化防止や写真の現像にも使用されてきたものです。

 

ハイドロキノンを肌に使用すると、シミの原因になっているメラニン色素を作り出す働きそのものを抑制できる効果があり、メラニン自体を減少させられる作用があります。メラニンは紫外線などによって酸化することで黒くなっていく性質がありますが、ハイドロキノンの還元作用で酸化が還元され、濃くなった色を薄くする働きをします。

 

ハイドロキノンは米国ではポピュラーな美容成分で、シミやシワの除去強化が強力なことから、肌の漂白剤とも例えられています。近年まではその管理の難しさで日本での取り扱いには医師の処方が必要な成分だったのですが、2001年に薬事法が規制緩和されたことで、一般化粧品にも使用できるようになっています。

 

美白成分にはビタミンCやプラセンタといったものが挙げられますが、ハイドロキノンはそれらの10倍から100倍の効果が期待できるものです。

 

ハイドロキノンの効果で、ニキビ跡や肝斑、そばかすに老人性色素斑といった色素沈着を軽減し、新しく発生するのを予防することができます。ただし、ハイドロキノンの成分効果は皮膚表面にできたシミのみに作用するもので、肌奥の真皮までに及んでしまった色素沈着にはその効果を期待するのが難しくなります。

 

ハイドロキノンは強い漂白効果から刺激もその分大きく、肌の弱いかたが使用すると炎症を起こしてしまったり痒みを引き起こす可能性もあります。そのため使用する際には事前のパッチテストが重要です。

 

また、長期的に使用したり高濃度のハイドロキノンを使った場合には、白斑が発生してしまうこともあるとされています。ハイドロキノンはメラニン色素の発生そのものに働きかけて抑制する作用がありますので、部分的に使用しているとそこだけメラニンの働きを失って、色が抜けてしまうことが懸念されます。とくに濃度が6%以上のものを一年以上の継続使用する際には、使用に充分な注意が必要です。

 

ハイドロキノンはメラニン色素ができる仕組み自体を取り除き、アルブチンはメラニン色素の働きを弱める働きをします。できてしまったシミに作用しやすいのがハイドロキノンの漂白効果で、美白ケアのために予防的な働きをしてくれるのがアルブチンです。どちらもできてしまったシミやこれからできるシミに働きかけるものですが、効果を発揮する得意分野が異なります。

 

アルブチンはメラニンの酸化の原因になるチロシナーゼの生成を抑制する効果で、シミの色が黒くなることを防ぎます。また、天然と合成のものがあって合成アルブチンのほうが美白作用が大きいのですが、その分副作用の可能性も高まるとされています。

 

ハイドロキノンの効果は、メラニン色素の元になるメラノサイトそのものに直接働きかけるものです。すでにできてしまっているシミと色素沈着にも作用して美白に導きます。

 

アルブチンはハイドロキノンに糖を加えて安定化させたもので、安全性も高く敏感肌のかたでも使用しやすいものですが、即効性は期待できないので継続使用が必要になります。逆にハイドロキノンは刺激こそ強いですが即効性があります。ただし、肌の調子をよく観察することが必要です。

シミとくすみはどこがどうちがう?

女性のイメージ

肌のトラブルには、さまざまなものがあります。違いが分かりやすいものだけでなく、似ているものもあるため、注意しなければなりません。たとえば、シミとくすみはメラニンの発生が原因となっている点では共通しているのですが、出てくる範囲に違いがあります。シミと比べて、くすみの方が広い範囲に出てくるのが特徴です。

 

くすみができると、顔の全体が黒ずんで見えるようになります。これに対して、シミは局所的なものです。ただし、シミが増えてくると顔全体に出ているように見えます。気をつけなければならないのは、同じ原因で起こるものであるため、両方が出てくることがあったり、どちらなのかが分かりにくかったりすることです。

 

できているのがシミなのか、それともくすみなのか、しっかりと判断することが大切です。原因は同じでも、対処の仕方は異なっています。正しい方法で対処するようにしないと、トラブルを解消することはできないので、注意しなければなりません。

 

肌のくすみと言っても、いくつかのタイプがあることに注意が必要です。どのタイプなのかを見極めた上で、正しく対処していくことが求められます。くすみのタイプとしては、血行不良で肌が暗くなって見えるもの、肌がカサカサしてきてツヤが失われているもの、シミに似た状態で肌が茶色く見えるものなどを挙げることができます。

 

血行不良によるものは、冷えが原因となっている場合が多いため、体を冷やさないようにすることが大切です。きちんと睡眠を取って体を休ませたり、喫煙を控えたりすることも改善に役立ちます。肌がカサカサしている場合は、しっかりと保湿するように心がけることが必要です。ヒアルロン酸などの保湿成分を取り入れるようにします。

 

シミと似ている状態のものは、メラニンが大きな原因です。そのため、紫外線による強い刺激を避けるようにしなければなりません。また、積極的に緑黄色野菜を食べるようにして、ビタミンを補うことが大切です。

 

くすみが出てきてから対処するのは難しいものなので、予防することを考えていきます。さまざまな食材が、くすみ予防に大きな役割を果たしているので、食材について理解することが大切です。まずは、くすみ予防のために摂取した方がよい成分が何なのかを知る必要があります。たとえば、ビタミンA、ビタミンB2・B6、ビタミンEです。

 

ビタミンAが多く含まれる食材には、うなぎ・ニラ・ニンジンなどが挙げられます。ビタミンB2・B6であれば、レバー・サバ・サンマ・納豆・バナナなどです。そしてビタミンEなら、アーモンド・タラコ・アボカドなどがあります。カボチャやホウレン草は、ビタミンAもビタミンEも豊富に含んでいるのが特徴です。

 

くすみのタイプによっては、たんぱく質やコラーゲン、ビタミンCを補うことが重要です。たんぱく質は、アジ・シラス干し・チーズなどに含まれています。また、コラーゲンは豚足や鶏手羽・牛すじなどです。ビタミンCの場合は、オレンジ・レモン・ジャガイモなどが知られています。

 

シミとくすみの違いについてはいろいろ調べていたのですが、下記のサイトの「くすみはシミの親戚?その違いや見分け方について」という記事でとても分かりやすく纏められていましたのでご紹介しておきますね。

 

シミを消す薬はこれ!やはり美白効果なら医薬品が有利